落語と江戸

江戸時代に生まれた落語。その始まりは、初代三笑亭可楽(さんしょうていからく、1777-1833)、初代三遊亭圓朝(さんゆうていえんちょう、1839-1900 )、鹿野武左衛門(しかのぶざえもん、1649-1699)ら、落語の神様と呼ばる先人たちが芝居小屋、風呂場、葦簀(よしず)で囲っただけの場所で、江戸庶民に笑いを届けたのがきっかけといわれています。江戸から現代にその流れは脈々と受け継がれ、今も巧みな話芸で多くの人たちに笑いをもたらしてくれています。

初代三笑亭可楽の墓

東京都台東区今戸の潮江院(ちょうこういん)にある初代三笑亭可楽の墓を桂歌助がご案内。

只今製作中です。

只今製作中です。

メール会員募集中

プライバシーポリシーに同意のうえ、ボタンをクリックしてください。